小田原、神奈川近郊でリフォームなら暮らしのスタジオで




平塚市 注文住宅 新築施工事例

mizushimatei2704080001000003.jpg

注文住宅工事概要

住所

神奈川県平塚市

工期

120日間

工事費用

建物本体工事1000万円(税別)

土地・建物 総額費用 内訳


建物本体24坪     1000万円
外部工事・オプション   248万円
設計・申請・検査      79万円
土地購入、約70坪   1080万円
不動産仲介手数料      35万円
ローン手数料        80万円
不動産登記費用       52万円
エアコン他諸経費      56万円
印紙・消費税        56万円

土地・建物・諸費用総額 2686万円


M様との出会い

mizushimatei2704080001000032.jpg 「ホームページを見た」とお電話をいただき、新居についてのご相談が始まりました。
当時は広い実家の敷地に増築をご検討されていました。プランニングはじっくりと時間をかけてご相談いただき、完成しました。
その後、増築について3世代のご家族皆さまで、話し合いされましたが、ご家族の反対もあり、ついに断念されてしまいました。
それから1年後、M様は土地を探し始めていらっしゃいました。
土地についてのご相談をいただいたので、一緒に探し始め、環境も眺望もプランニングするうえでも、とても良い土地が見つかり、資金計画についてもご相談いただき、夢のマイホームは実現しました。

M様の住まいについてのお悩み

実家は広い敷地の大きな家。そこに3世代同居で住んでいらっしゃいました。
実家では、3人ご家族で使えるのは1部屋だけでした。
将来の子供部屋の事も考えると、とても手狭とのことで、新居について考えていらっしゃいました。

『暮らしのスタジオ』からのご提案

資金計画からご相談いただけたので、プランニングはスムーズに進みました。
ご提案の最優先課題は、御予算内に必ず納める事でした。土地購入と諸経費をローンの御予算から引くと、建物にかけられる費用は1000万円となりました。そのため、設計は極力無駄を排したキュービックスタイルで決まりました。
M様の御要望は「LDKは広く」「夫婦2人で作業するキッチン」「趣味の釣り道具収納」「露天の様に眺めの良い浴室」「バーベキューを楽しむウッドデッキ」「ダンスの練習スペース」「クールな外観」等々。
これだけの御要望をいただけると、私達にとってもやりがいのある仕事になりました。


     

新築工事施工中

mizushimatei2704080001000031.jpg mizushimatei2704080001000034.jpg mizushimatei2704080001000117.jpg
南側には家の建たない、最高のロケーションの土地が見つかりました。東側も雛壇で一段高く、日当たりも最高です。 地盤調査は、土地の強度検査です。改良が必要と判断されれば、別途地盤改良費が必要になります。今回は、改良不要と判断され、地盤保証保険が付きました。 ご希望があれば、地鎮祭も。
mizushimatei2704080001000035.jpg mizushimatei2704080001000036.jpg mizushimatei2704080001000037.jpg
設計通りの建物の位置に、地縄を張ります。 遣り方は、基礎の位置と水平を正確に糸張りします。 根切りが始まりました。
mizushimatei2704080001000038.jpg mizushimatei2704080001000039.jpg mizushimatei2704080001000040.jpg
基礎内部の湿気発生を防止するため、防湿シートを敷き、ベースコンクリートを打ち込みます。 鉄筋を張り巡らしたら、ここで、基礎配筋検査。自主検査では甘くなりがちなので、すべて第3者機関に依頼する事が重要です。 基礎コンクリートの打ち込みは、大人数で。結構な重労働です。
mizushimatei2704080001000041.jpg mizushimatei2704080001000042.jpg mizushimatei2704080001000043.jpg
型枠、基礎立ち上がりのコンクリートを打ち込みます。 型枠を外して、基礎が完成しました。
念の為に、寸法などをチェックします。
土台敷きが始まりました。
mizushimatei2704080001000013.jpg mizushimatei2704080001000044.jpg mizushimatei2704080001000014.jpg
土台の完成です。同時に先行足場を掛けます。念の為、天気予報をチェックしたら、明日は雨。ブルーシートで養生して、濡れないようにしました。 棟上げが始まりました。筋交いで柱を垂直に固定しながら立ち上げてゆきます。 2階の屋根組みが始まりました。
mizushimatei2704080001000015.jpg mizushimatei2704080001000045.jpg mizushimatei2704080001000046.jpg
12ミリの合板を2重張りします。屋根といっても、キュービックスタイルなので陸屋根です。 完成。ここは、フェンスと階段を付ければ、屋上としても使える仕様になっています。 また、明日からは雨予報。濡らしたくはないので、養生する事に。
mizushimatei2704080001000048.jpg mizushimatei2704080001000050.jpg mizushimatei2704080001000016.jpg
晴れて、すぐに、屋根の防水工事が始まりました。 これで、雨が降っても大丈夫。有害物質を一切出さない、環境に優しい防水材を使っています。 同時に防蟻工事も始まりました。
mizushimatei2704080001000049.jpg mizushimatei2704080001000051.jpg mizushimatei2704080001000052.jpg
建物内の給排水管も同時に敷設しておきます。 外壁にも合板を張ります。太い柱と合板、筋違と金物で耐震強度を高めます。 在来工法とツーバイの良いとこ取りをしたような構造は、今の主流です。バランスもよさそうですね。
mizushimatei2704080001000053.jpg mizushimatei2704080001000017.jpg mizushimatei2704080001000056.jpg
窓を付けるのも大工さんの仕事です。 ここで、耐震金物検査が入ります。問題点があれば、ここで是正されて、瑕疵保険が付きますから、安心です。 黒く長く見えているのが通気口です。建物の寿命を延ばすのには、木部の通気と乾燥が重要です。夏場の屋根の熱気を排出することにも役立っています。
mizushimatei2704080001000054.jpg mizushimatei2704080001000057.jpg mizushimatei2704080001000067.jpg
白い防水シートを張ります。水は通しませんが、水蒸気は通す。特殊な透湿防水紙です。 外壁の雨漏り防止は、この薄い紙一枚で成り立っています。驚きますね。 防水シートの上に縦桟。この胴縁という物が重要です。木と木の間に隙間ができ、ここを通気します。雨漏り防止と木部の通気乾燥に役立っています。
mizushimatei2704080001000066.jpg mizushimatei2704080001000070.jpg mizushimatei2704080001000074.jpg
外壁仕上げ工事が始まりました。サイディングというパネル材を張ります。 サイディングは約2週間の工程です。 サイディングパネルを張れば、パネル間の目地部にシリコンの充填をします。
mizushimatei2704080001000078.jpg mizushimatei2704080001000077.jpg mizushimatei2704080001000083.jpg
完成しました。外壁のデザインは3パターンのご提案から選んでいただきました。 サイディング最上部には通気口を設置。胴縁間の壁内から壁外へ熱気や湿気を排出する仕組みです。 屋根と壁の取り合い部分となる笠木。雨漏りしやすいこの場所は、防水テープ・防水シート・笠木板金など4重の防水処理をしています。
 
mizushimatei2704080001000080.jpg mizushimatei2704080001000085.jpg mizushimatei2704080001000086.jpg
雨樋工事も完了。足場を外します。 玄関ポーチの屋根はキュービックスタイルに似合うものを。 ガラスの屋根に決定です。
mizushimatei2704080001000058.jpg mizushimatei2704080001000064.jpg mizushimatei2704080001000065.jpg
室内側の大工工事も同時進行で進んでゆきます。 床下には45ミリの4等級断熱ボードが入り、床下地は24ミリ厚の構造用合板が使われています。 床下収納は、洗面所とキッチン。非常時の点検口にもなります。
 
mizushimatei2704080001000060.jpg mizushimatei2704080001000063.jpg mizushimatei2704080001000062.jpg
天井下地の野縁。電気工事の配線も同時進行です。 天井の断熱材には155ミリ厚。4等級の物を。 天井に石膏ボード9ミリを張り、次に床の仕上げです。
mizushimatei2704080001000068.jpg mizushimatei2704080001000075.jpg mizushimatei2704080001000084.jpg
白いフローリングと黒いフローリングを使い分けてインテリアコーディネートされました。 フローリングを張りながら、その上には、養生シートを同時に張ってゆきます。 階段の取付もあります。加工するのではなく、プレカットで搬入されます。
mizushimatei2704080001000069.jpg mizushimatei2704080001000023.jpg mizushimatei2704080001000024.jpg
天井には石膏ボード9ミリを張ります。 105ミリの柱間に100ミリ厚の断熱材。パンパンに詰まっています。 壁にはやはり石膏ボード。12ミリ厚です。
mizushimatei2704080001000018.jpg mizushimatei2704080001000059.jpg mizushimatei2704080001000120.jpg
浴室廻りには全て断熱材100ミリを充填しています。断熱性能が向上すれば、断熱欠損部分の結露の原因になります。浴室廻りは要注意です。 浴室天井にも45ミリ断熱パネルを設置。浴室床下から天井への冷気をシャットアウトします。 浴室の組み立て工事も同時進行です。
 
mizushimatei2704080001000109.jpg mizushimatei2704080001000073.jpg mizushimatei2704080001000092.jpg
窓の位置を浴槽すれすれまで下げて、浴槽につかりながら裏庭を眺められるようにしました。 建具枠を入れて、間仕切り壁の石膏ボードを張り、建具を吊り込みます。 玄関収納を付けたら、大工さんの仕事が終わりました。
mizushimatei2704080001000093.jpg mizushimatei2704080001000098.jpg mizushimatei2704080001000100.jpg
石膏ボードの目地、ビス穴にパテ打ちが始まりました。ビニルクロス工事の始まりです。 パテを打ち、ヤスリで磨き、クロスを張ります。 吹き抜けには足場を立てて作業します。
mizushimatei2704080001000114.jpg mizushimatei2704080001000105.jpg mizushimatei2704080001000112.jpg
吹き抜けのクロス張りが終われば、速やかに足場を外します。 吹き抜けの窓から空と雲。気持ちの良いリビングになりました。 各部屋のクロスも張り終えました。
mizushimatei2704080001000102.jpg mizushimatei2704080001000104.jpg mizushimatei2704080001000009.jpg
システムキッチンの組み立て工事が始まりました。対面キッチンが標準となります。 キッチンにこだわっていたご夫婦はオプションのオープン対面タイプを選ばれました。 洗面化粧台はトクラスEJ、標準の物からお選びいただいております。
mizushimatei2704080001000028.jpg mizushimatei2704080001000088.jpg mizushimatei2704080001000091.jpg
トイレは手洗い付が標準となります。背壁にぴったり納まるアラウーノをお選びいただきました。 外部の工事も同時進行で進みます。
今回は浄化槽が必要なエリアでした。
浄化槽設置も重労働です。
mizushimatei2704080001000101.jpg mizushimatei2704080001000106.jpg mizushimatei2704080001000107.jpg
土間を打ち、浄化槽の完了です。 外部給排水とガス工事なども同時進行で進みます。 給排水が完了して、エクステリア工事になります。
mizushimatei2704080001000094.jpg mizushimatei2704080001000108.jpg mizushimatei2704080001000095.jpg
玄関ポーチも土間となりました。 玄関ポーチはタイル仕上げです。基礎は左官塗で仕上げます。 テラスの工事が始まりました。砕石転圧しています。
mizushimatei2704080001000096.jpg mizushimatei2704080001000025.jpg mizushimatei2704080001000103.jpg
型枠と土間打ち込みです。
予算の関係で、ウッドデッキではなく、土間コンクリートになりました。
8畳のテラスの完成です。 駐車スペースは根切り、転圧しています。
mizushimatei2704080001000027.jpg mizushimatei2704080001000030.jpg mizushimatei2704080001000005.jpg
枕木が搬入されました。 枕木を立てて、ポストを付けます。 駐車スペースに白い砕石を敷き込みました。芝と植木はご主人が植えていらっしゃいました。外観の完成です。
mizushimatei2704080001000116.jpg mizushimatei2704080001000119.jpg mizushimatei2704080001000011.jpg
建付け調整、網戸付けをします。大きな窓は全て防犯ペアガラスになりました。標準価格内でシャッターなどに変更も可能です。 アンテナの取付です。屋根の上からは湘南平の鉄塔が見え、見晴らしの良い場所です。 ハウスクリーニングで工事は全て完了です。


新築完成

mizushimatei2704080001000004.jpg mizushimatei2704080001000012.jpg mizushimatei2704080001000029.jpg
シンプルなキュービックスタイル。コンパクトハウスの傑作になりました。 約16畳のLDK。キッチンから見ても広く感じます。 サンルームの様な吹き抜けのリビングは、広がりを感じます。
mizushimatei2704080001000008.jpg mizushimatei2704080001000007.jpg mizushimatei2704080001000010.jpg
テラスとのつながりを感じる事も、リビングの閉塞感を無くします。 とにかく明るい。ここをご覧いただいた方々は、皆様口をそろえて「明るい」とおっしゃっていました。 白と黒の組み合わせで、リズミカルな階段が洒落てます。
 

新築されたお客様の声

mizushimatei2004okyakusamanokoe.jpg  


担当者の声

1.jpg 資金計画や土地探しからお手伝いさせていただきましたので、プランニング~着工~お引き渡しまで、とてもスムーズに進みました。
設計者と共に、プランを練りに練って、やっと完成したので、良い家が出来たと思い込んでいたのですが(ただの自画自賛ですね(笑))、私達に出来る事は、「夢のマイホームという名の、ただの箱を造る事だけ」でした。
お引き渡して、その後、ご家族が笑顔で暮らしている姿を見て、つい感動してしまいました。まるで、冷たい箱に命が吹き込まれたように、家が輝いて見えたのです。
私達の目指す仕事は、「心の豊かさ」のご提案と考えていますが、またしても、ご家族の皆様から「心の豊かさ」をいただきました。
ありがとうございました。


     

リフォームのおすすめ価格はこちら

トータル リビング 浴室
キッチン トイレ 外壁 屋根

WEB限定のキャンペーンはこちら



相談会のバナー.jpg

見積もり 資料請求

KURASINO_STUDIO_FIX.jpg
中郡  問い合わせ 秦野市
神奈川県内で
新築もリフォームも
「暮らしのスタジオ」に
お任せください。

はじめに 中郡 秦野市

暮らしキューバナー.jpg

暮らしスマーバナー.jpg

秦野市
 

260217bana-001000008.jpg

 施工対応エリア 
  のご案内   
  神奈川県   
 中郡二宮町、中郡大磯町  足柄上郡中井町、小田原市  
足柄上郡松田町、伊勢原市  秦野市、南足柄市、平塚市  足柄上郡大井町       足柄上郡山北町       足柄上郡開成町       足柄下郡箱根町       足柄下郡湯河原町      足柄下郡真鶴町       



横浜市 高座郡 二宮建装 外装リフォーム


スタッフブログ 横浜市 暮らしのスタジオ 高座郡

高座郡 横浜市 暮らしのスタジオ

横浜市 高座郡 暮らしのスタジオ